訪問看護事業部(訪問看護ステーション スリーピース)nursing DIVISION

私たちは、健康問題を抱える患者様が、本来のそのヒトらしい生活を取り戻したり、望まれる生活ができるための援助を行います。
患者様と一緒に目標を設定し、その目標が達成するよう一歩一歩少しずつですが、着実に目標の達成へ歩んでいきます。
看護師が患者様との間に心の交流をもてるようになるには、数ヶ月を要することも珍しくありません。
援助の仕方も患者様によって異なり、お食事や入浴など日常生活のサポート、体にそっと触りながら伝えていくこともあれば、喜びや悲しみを分かち合ったり、苦悩を受け止めたり、など様々なことをしていきます。そのすべてが、患者様ご自身が自立生活するためです。
私たちは、単純に患者さんに寄り添う看護とは違います。お一人お一人が自立していただくために、全力でサポートいたします。

INTERVIEW

クレド(信条と行動目的)CREDO

私達、訪問看護ステーション スリーピースは、利用者とそのご家族様が住み慣れた在宅において、笑顔と健康でお過ごし頂ける環境をサポート出来るよう、企業理念のもと和を尊び向上心を持ち地域社会に貢献出来るよう以下の目標をもって、看護、リハビリを提供することをお約束します。

行動目標ACTION TARGET

  • ①利用者、ご家族の立場になり寄り添ったサービスを提供します。
  • ②看護の質の向上に努め、個々の利用者のニーズに合わせた看護を提供する。
  • ③自己の責任と能力を的確に認識し、実施した看護について個人としての責任をもつ。
  • ④出来ない考え方ではなく、出来る方法を考えだし常に、学習による能力の維持、開発に努める。
  • ⑤感謝の心でお互いに助け合い、報連相に基づき情報を共有しチームケアに努める。

店舗案内STORE GUIDE

〒596-0821 大阪府泉大津市なぎさ町6番1号 きららセンタービル12階

訪問看護ステーション スリーピース訪問看護ステーション スリーピース

〒596-0821 大阪府泉大津市なぎさ町6番1号 きららセンタービル12階
  • 0725-23-2130
  • 0725-20-1011

9:00~17:00
※定休日:日曜・祝日

〒567-0034 大阪府茨木市中穂積1丁目1番52号 アメニティ夢 501号

訪問看護ステーション スリーピース サテライト茨木訪問看護ステーション スリーピース サテライト茨木

〒567-0034 大阪府茨木市中穂積1丁目1番52号 アメニティ夢 501号
  • 072-646-7312
  • 072-646-7322

9:00~17:00
※定休日:日曜・祝日

職種紹介CAREER INTRODUCTION

訪問看護

訪問看護

訪問看護とは、病気や障害を持った方が住み慣れた地域やご家庭でその人らしく療養生活を送れるように、訪問看護ステーションから看護師などが生活の場に訪問し、看護ケアの提供や自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。主に健康状態の観察や日常生活の看護、リハビリテーションなど私たちケアーズは、患者様一人一人に寄り添った看護が出来るよう努めています。

健康管理

健康管理

血圧・体温・呼吸・脈拍などの測定や、在宅酸素、人工呼吸器などの管理など。

在宅リハビリテーション

在宅リハビリテーション

寝たきりの予防、床ずれを防ぐため体位変換、手足の運動など。

日常生活のお世話

日常生活のお世話

身体の清拭、入浴、排せつの援助、食事など。

介護予防

健康管理、低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス。

ケア管理

精神、心理状態の観察ケアを行います。

今後の生活設計などに 関する相談、アドバイス

今後の生活設計などに 関する相談、アドバイス

患者様と一緒に目標を設定し、自立、社会生活への復帰援助。(就労支援・進路支援)

関係機関との連携調整

関係機関との連携調整

症状に関して主治医と連携。ケアマネジャーやサービス事業者と連携を取り、自立した生活が送れるよう療養生活の相談・助言を行います。

コミュニケーション

コミュニケーション

コミュニケーションやリフレッシュの援助、生活リズムの調整など。

RECRUIT ENTRY

キャリアパスCAREER PATHS

H3では独自のキャリアパスを導入しています。入社後、各事業部(フィットネス・リユース・デイサービス・訪問看護)に配属・選択し、将来的に『スキルを極める』・『人材育成を行う』・『店舗運営を行う』の3種類から、意欲と一人ひとりの個性に応じたキャリアを描いていただきます。

CAREER PATHS

ENTRY応募する

私たちが目指すのは、“地域の方々の日常生活にとって『なくてはならない存在』であるために『人が笑顔になる』ための世のあらゆるサービスや空間を提供すること”。H3が描く未来を一緒に担ってくれませんか?

ENTRY