その方らしい時間の過ごし方
そんな最期をお手伝いしたい

林 遼平

GENKI NEXT 高石
デイサービス事業部 管理者兼生活相談員、鍼灸師

介護の仕事は大変だと思いますが、いかがですか?

ご利用者様のやる気を引き出すことが何より大切

ご利用者様のやる気を引き出すことが何より大切

学生時代は、体の問題を抱えている人に対して、良くしてあげたい、治してあげたいという気持ちで鍼灸など医療に関する勉強をしてきました。
介護に関することはこれといって勉強はしていなかったのですが、将来的には、取り組みたいと考えていました。
大学を卒業してH3に入社したのは、それまで学んできたことを活かせるのと小規模なほうが、よりしっかりと利用者さんをみることができると思ったからでした。
それがこの会社で介護という仕事をするきっかけでした。

でも、実際に入ってみると介護の仕事は3Kと言われるだけあって、厳しい仕事でしたね。こちらが利用者さんを今の状況よりも良くしてあげたい、治してあげたいと思って、頑張ってよくしていきましょう!とか、元気になっていきましょう!と言っても、中には元気になりたくない!とおっしゃる方もいるんです。
介護保険の矛盾でもありますが、元気になってしまうと、サービスが利用できなくなってしまったり、今までさんざん頑張ってきたけども、結果が出ずに挫折していたり、諦めざるを得なかったり、リハビリをすることに希望を持てないでいる人なんかも多くいました。
そういった方をやる気にさせるのも、我々の仕事なんですね。一日中、テレビを見て寝て過ごせればいいねん。という人をどうやってやる気にさせるか!
やる気がなければ、長続きしないですし、逆にやる気にさえなれば、あとは勝手にやってくれるので、それが一番の方法なんですが、それがなかなか難しくて。。。
スポーツジムや治療院であれば、治したいからという前向きな気持ちでやってきますから、どんどん良くなっていくのですが、介護事業所はそうはいきません。
そんな風に目的をもってやって来る人はほんのひと握りですから、まずは目的を持てるようにそのお手伝いをしたいと考えています。

H3はどんな会社ですか?

任せてもらえた仕事は結果を出すまで任せてもらえる

任せてもらえた仕事は結果を出すまで任せてもらえる

正直言いますと、入った頃は「やめる」なんてことをよく言っていました。ですが、周りを見てみると、知らない間に自分が古株になってきました。
この会社に居続ける理由は、自由度が高いことでしょうか。この会社はやりたいことがあれば、それをやらせてくれるのがとてもいいところだと思っています。
フランチャイズということで、出来ないことも中にはありますし、逆にしなくてはならないこともあるのですが、基本的なルールの中であれば、自由に思ったことをやらせてくれますし、結果を出すまで仕事を任せてもらえます。
しばりつけるのではなくて、各スタッフの個性や性格を最大限尊重してくれて、任せてもらえるので、責任も重大ですが、やりがいも十分あります。そんな会社じゃないかなぁと思います。

この仕事をしていてうれしかったことはありますか?

介護の仕事をしていると、ご利用者様が亡くなられることも多くあるのですが、先日、ご家族の方からこんな連絡をいただきました。
『元々、車いすを利用することが多かった父ですが、ゲンキネクストさんに通うようになってからは、歩行器を使って歩くようになりました。最近では家の中を歩き回って、亡くなる前の日もそちらのデイサービスでお世話になりました。最期までそうやって元気に過ごせたのは、ゲンキネクストさんのおかげです。』
と言っていただきました。
他にも、お亡くなりになられた方のご家庭にご挨拶に伺うと、遺影にうちの施設で撮影した写真が飾られていました。ご家族の方がいろいろと写真を探したそうですが、最近の写真で楽しそうに笑って写っているのがその写真だったそうです。
そういった話を聞くと本当にこの仕事をしていてよかったと思います。
その方らしく最期の時間を過ごすお手伝いができたのなら、とてもうれしいですね。

そのような嬉しい声をたくさんいただけ、スタッフさん達が自分の親を入れたいなと思えるような事業所にしていきたいと思っています。

デイサービス事業部の魅力とは?

GENKI NEXTは、3時間の短時間デイサービスです。
コンセプトは、『歩行改善特化型』を掲げており、利用者様の身体状況や、生活状況を把握し、一人一人に合った機能訓練プログラムを作成し、実施指導していきます。また、自分の力で立てない方や、寝返りすらもうてない方もおられます。
そういったADL(日常生活動作)が低下している方々に、少しでも動き易いように、機能の維持向上が出来るようにお手伝いするのが私たちの仕事です。
『杖なしで安心して歩けるようになった!』『買い物に行けるようになり、楽しみが増えた』など、利用者様本人や、家族様から、機能改善した実感や喜びの声を聞くことができ、それが日々の励みになります。

MORE

ENTRY応募する

私たちが目指すのは、“地域の方々の日常生活にとって『なくてはならない存在』であるために『人が笑顔になる』ための世のあらゆるサービスや空間を提供すること”。H3が描く未来を一緒に担ってくれませんか?

ENTRY